So-net無料ブログ作成
検索選択

髪の毛のDNAでAGA(男性型脱毛症)がわかるのか [遺伝]

遺伝の要素として

男性ホルモン受容体遺伝子(AR gene)の存在があり

この遺伝子が男性ホルモンの影響を受けやすいと

AGA(男性型脱毛症)に成り易いと考えられています


この遺伝子はX染色体上に存在するために

母方の家系に髪の毛の薄い人がいると遺伝もありうると

考えられています


薄毛の原因を探る上で「遺伝かな」と思われる方は

医療機関で髪の毛のDNA配列を解析することにより

AGA(男性型脱毛症)かどうか知ることができます


抜け毛が増えて薄毛にあった原因を正しく知れば

対処方も正しくできます

カークランド製発毛剤 12本 を有効利用してください


カークランド製発毛剤12本セット※ご発送より約1ヶ月前後お日にちがかかります。【HBWサプリメント】



----------------------------------------------------
タグ:DNA AGA

ハゲは隔世遺伝に要注意 [遺伝]

先ごろ、ドイツのボン大学の研究チームが

20~30代の若い世代で抜け毛や薄毛で悩んでいる

男性の血液検査の結果

X染色体の中にある

男性ホルモン受容体遺伝子(androgen receptor gene, AR gene)に

際立って変異が多いことを発見しました


遺伝子の変異により、男性ホルモン受容体遺伝子の働きが頭皮で

強まって抜け毛を誘発しているのではないかと

発表しているのでした


ちょっと専門的になりますが

染色体はXとYかなり、問題のX染色体は母親から遺伝されます

男性ホルモン受容体遺伝子(androgen receptor gene, AR gene)に

変異が起こりやすいとすると

母方の祖父や祖母に薄毛の人がいたとしたら

しっかり薄毛予防をしましょう



タグ:隔世遺伝

遺伝が関係する抜け毛の要素とは [遺伝]

ショッキングな内容になってしまいますが

AGAの80%弱が遺伝がもとで発症と言われています

20~30代の特に若い世代に発症する場合は

遺伝の影響がかなり大きく左右するようです


これは髪の毛が抜け薄くなりやすいホルモンバランスの遺伝によるものです


父親にAGAなどの薄毛の症状があると50%の確率で遺伝します

母親の髪の毛が薄い場合は75%の確率で遺伝します


でも、諦めないでください諦めた時が最後です

打つ手はまだまだあります↓↓↓↓↓↓↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー