So-net無料ブログ作成
検索選択
毛乳頭細胞 ブログトップ

ミノキシジルは、頭皮の毛乳頭細胞を活性化させます。 [毛乳頭細胞]

ミノキシジルの一番の働きは、頭皮の毛乳頭細胞を活性させることにあります。

ミノキシジルによって血管が広がり血流が増し栄養分が毛細血管の隅々まで、

届くようになるからです。



このことを証明するのが、

壮年性脱毛症の方にミノキシジルを試して貰った結果、

約3割の方に効果が何らかの形で現れました。


他の見解では、約1割の方が完全に回復すると言われています。


特に、頭頂部の男性型脱毛症(O型脱毛症)の方に効果が顕著に現れておりますが、

M字型の方には効果をあまり期待しない方がいいようです。



ミノキシジルも魔法ではありませんので、すべてに効くわけではありません。

基本的には、血流を良くし各種アミノ酸を毛乳頭細胞まで運ぶための成分です。

そうすることにより、健全なヘアサイクルを保ち髪の毛の健康な状態を維持し、

発毛効果を上げていくということです。



臨床実験の模様ですが、

ミノキシジル配合のロゲインを継続使用した際の模様です。

最初に生えてくるのはうぶ毛のような無色の柔らかい髪の毛です。

その後もミノキシジル配合ロゲインを継続使用することにより

髪の毛本来の太さや色になって行きます。



結果的には、6ヶ月前後掛かりますので、

発毛剤の費用がバカになりません。


そこでオススメなのが、
カークランド製発毛剤12本セット(60ml×12本) ※ご発送より約1ヶ月前後お日にちがかかります。

で、要するに、

1年分が、7,830円(税込み)で買えます。
ぜひ、この機会をお見逃しなく。




毛乳頭細胞 ブログトップ